春に乾燥を感じたことはありますか?

乾燥が激しい冬がようやく終わり、

暖かい春だから乾燥や乾燥肌とはおさらば!

…とはいかないんです…。

これから気温も上昇し、

乾燥しやすい季節が終わりそうなイメージがありますが、

春も乾燥する季節なのです!

当記事では春に乾燥する理由を紹介していきます!

春に乾燥する理由とは?

春はなぜ乾燥するのでしょうか?

それは春の季節的なものが原因でした。

まず春は湿度が低い季節です。

春になり暖かくなっていきますが、

それでも湿度が高くなるのはもっと先の話です。

通常は5月くらいから湿度の上昇が見られて

夏の湿度に向かっていきます。

このように一気に湿度が上昇していくのではなく、

冬も同様で9〜10月の間に湿度の低下を見られます。

肌が乾燥する理由には、昼夜の気温差があります。

昼は過ごしやすい快適な気温でも夜になると

急激に寒くなることも珍しくありません。

気温差が激しいと肌の油分と水分がバランスを崩し、

肌が悲鳴をあげてしまいます。

結果、気温に適応できず、乾燥肌に繋がってしまうのです…。

春は紫外線が強い季節と言われています。

紫外線によって肌バリアが崩されていき、

肌が刺激を受けやすい状態になります。

そうすることで油分が減らされていきます。

結果的に乾燥肌になってしまうわけですね。

まとめ

如何だったでしょうか?

春は気温も過ごしやすく快適なイメージがありますが、

乾燥肌対策は忘れられませんね。

春の激しい気温差や紫外線に負けないよう気をつけましょう( ´θ`)ノ