オゾンホールと春の理由…

皆様はオゾンホールというものをご存知でしょうか?

オゾンホールが春に観測される原因やオゾンホール一体何者という

疑問を解消するべく調べてまいりました。

当記事ではオゾンホールが春に観測される

理由や原因を紹介していきます!

オゾンホールって何?仕組みと原因とは?

オゾンホールが春に観測される理由や原因を知るには、

まずオゾンホールが何者か知る必要があります。

オゾンホールというのは、南極や北極の上空のオゾン層が

なんらかの原因でオゾン濃度減少によって穴が開いてしまった状態が

オゾンホールと呼ばれます。

このオゾンホールは春に起こります。

オゾンホールが春の南極や北極に現れるのはなんで?

オゾンホールは何故、春に観測されるのでしょうか?

南極や北極は、冬の間緯度が高く、

太陽の光が届きません。

つまり、1日中真っ暗な状態が続くのです。

太陽の光が届かず、気温が上昇しないので

南極と北極上空の成層圏では、気温がマイナス80℃まで下がります。

マイナス80℃という低い気温によって水蒸気が凍り、

雲が形成されます。

余談ですが、この雲は南極や北極で形成される特別な雲なので、

「極域成層圏雲」と呼ばれています。

通常はオゾンを破壊しない物質を「極域成層圏雲」が

オゾンを破壊する塩素ガスへ変化させてしまうのです。

オゾンを破壊する塩素ガスが冬の間雲の中で蓄積されていき、

春になると南極や北極にも太陽の光が当たるようになり、

「極域成層圏雲」に蓄積されていた塩素ガスから塩素原子に分解されます。

大量の塩素原子がオゾンを破壊し、オゾンホールが出来るという流れです。

まとめ

如何だったでしょうか?

オゾンホールという言葉は知っていましたが、

改めて聞くと恐ろしいですね…。

また一つ勉強になりました。