バイクで子供と二人乗り!安全な乗り方とは?

子供とバイクに二人乗りする場合、子供が前なのか後ろなのかどっちが正解なのか悩んでしまう方もいると思います。
子供が後ろだと万が一手を放してしまった場合危険だ、発進した際やカーブで振り落とされると考えて前に乗せる方が安全だと考えている方、もしも追突事故を起こしたと考えた時、自分で子供を圧し潰してしまう可能性もあるので前の方が危険は多くなります。
勿論振り落としたり、手を放してしまってもすぐに対処できますが、バイクは両手が使えないとアクセルやクラッチを操作できなるだけでなく、子供があちこちいじって気を取られていると転倒の原因にもなりかねません。子供は自分の後ろにしっかりと固定し、正しい乗り方できっちりヘルメットを着用するのが最善です。

バイク二人乗りの条件や罰金に迫る!

高速道路と一般道路を走行するには違いがあり、高速道路や自動車専用道路を走行するには125㏄以上の排気量が必要になります。
一般道では原付から大型バイクまで何でも走行できますが、原付は一般道で二段階右折や制限速度が30㎞に制限されていて、これに違反すると違反点数や罰金になります。勿論、大型バイクや中型バイクも同様に違反すれば違反点数や罰金があります。
高速道路で二人乗りをする場合、免許を取得して3年以上経過していて20歳以上という条件を満たしていないと二人乗りをする事は出来ません。
違反すると同様に点数、罰金ですが、それ以上に運転技術が未熟な場合もあり危険で重大事故にもつながりかねません。万が一の為に保険に加入する事もお勧めです。

バイク子供と楽しくツーリング

子供とバイクに乗る場合、慣れていない子供ほどしっかりと腰や肩につかまっていますが、慣れてくるとあちこち周囲が気になったり、手を放してしまう事もあり危険な場合も出てきます。
万が一を考えて、しっかりとした服装で乗せる事が望ましく、肌を露出せず頭の大きさに合ったヘルメットを着用し、正しい乗り方をする事で楽しいツーリングをすることが出来ます。
クルマとは違う景色や、風を切って走る爽快感は会話も弾み思い出に残る物になります。