入学式が春に開催される理由についてご存知でしょうか?

春は別れの季節でもあり、出会いの季節でもあります。

桜が咲き乱れ、門出の季節というイメージがありますよね。

当記事では、入学式が春に開催される理由について紹介していきます!

入学式が春に開催される理由とは?

入学式が春に開催される理由をご存知でしょうか?

日本では年度の始まりが4月と正式に定められたのは明治時代の1886年です。

暦では1月から12月までを「1年」と定められていますが、

日本では、暦上の「1年」とは別に4月から3月を一つの年度と呼んでいます。

正確には「会計年度」と呼ばれるもので、官公庁が予算を執行する期間のことです。

会計年度が定められる前は税金はお米でしたが、

お米を作る農家が現金に換えて納税し、それから予算編成していると

収穫時期などの都合により、1月には間に合わなかったという背景もあります。

日本が明治に変わった頃に先進国であった大英帝国(今でいうイギリス)の会計年度の区切りが

4月1日から翌年3月31日だったのを明治政府が見習い、4月から3月を会計年度と定めました。

江戸時代まで遡ると寺子屋や私塾、藩校などは入学式が定められていなかったため、

いつでも入学することが可能でした。

明治時代の初期まで進むと明治維新により、西洋の教育が導入されて

高等教育では9月に入学することが主流になりました。

明治19年に高等師範学校が学校の年度を行政に合わせ、

4月1月から3月31日に定めたことで、各地域に広まっていった結果、

現在の入学式につながるわけです。

大正時代には、高校や大学も4月入学になり、現在の形になりました。

他の国の入学式は何月開催?

日本の入学式が春に行われる理由を紹介してきました。

では、世界の入学式が何月に定められているのでしょうか?

  • 1月
  • シンガポール、オーストラリア、ニュージランド、フィジー

  • 2月
  • ブラジル

  • 3月
  • アルゼンチン、韓国

  • 5月
  • タイ

  • 6月
  • フィリピン

  • 9月
  • アメリカ、カナダ、スペイン、イタリア、フランス、イギリス、
    オランダ、ロシア、ベルギー、ブルガリア、トルコ、
    イラン、エジプト、チュニジア、モンゴル、中国、台湾、ベトナム

    地域や学校によって異なる場合はありますが、上記が主流となっています。

    まとめ

    如何だったでしょうか?

    春に入学式が開催されることに疑問を持っていませんでしたが、

    改めて世界に目を向けると違いが出ますね。