春が恋の季節と呼ばれていることをご存知でしょうか?

春は出会いであったり別れであったり、

生活が変動する季節でもあります。

暖かく快適な季節と恋にはどのような関係性があるのでしょう。

当記事では春が恋の季節と呼ばれている理由について紹介していきます!

春が恋の季節と呼ばれる理由とは?

春が恋の季節と呼ばれる理由はなんでしょうか?

とあるアンケートで3000人の男女に「どの季節で恋をしたいか」

という質問をしたところ

男性:64.0%
女性:65.9%

が春に恋をしたいと答えました。

その理由に春は気温が暖かく、脳へのストレスが

少ないため、心理的に余裕ができやすいので

異性と出会いやすいということです。

学生の場合、クラスが変わったり、進学で学校自体が変わり、

友人とクラスや進学先が違ったりして離れ離れになってしまう季節でもあります。

しかし、別れだけでなく、新たなクラスや進学先というのは

新しい仲間との出会いでもあります。

進学先では多くの知らない人間と出会います。

そこで気になる異性と出会えることもあるので

それで「春は恋の季節」と呼ばれたりするのですね。

日本の春は進学や新生活の季節ですので、

新しいスタートを始めるぞ!という前向きな考えになりやすいので

今まで気にしていなかった異性が気になり始めるということも…。

出会いが多いタイミングが春だからこそ「春は恋の季節」と呼ばれているのです。

春と生物学的繁殖期との関係

今度は生物学的な観点から紹介していきます。

春は多くの動物たちが繁殖期に入ります。

寒い冬が終わり暖かい季節である春は繁殖するにはうってつけの季節です。

人間も元を辿れば猿ですから、

人間も春になると繁殖期と同様の考えになります。

しかし、人間には強い理性といつでも子孫を残せる環境にいるため、

決まった繁殖期というのはありません。

まあおそらく人間には、繁殖期という言葉は似つかわしくないのかもしれません(^^;;

人間が猿であった頃の名残から春は出会いを求めるのかもしれません。

まとめ

如何だったでしょうか?

春は確かに恋がしたくなるかもしれません(笑)

「別れから出会いへ」このサイクルが恋に発展させるのかもしれませんね。