春に低気圧が発達する理由をご存知でしょうか?

春は夏にかけて気温が上昇していく季節です。

徐々に気温が上がっていくので快適な気温になります。

しかし、気温が上がっていくので同時に雨の回数も増えます。

当記事では春に低気圧が発達する理由について紹介していきます!

春に低気圧が発達する理由とは?

春に低気圧が発達する理由についてご存知でしょうか?

春には「爆弾低気圧」と呼ばれる低気圧があります。

「爆弾低気圧」とは、急速に発達した低気圧のことを呼びます。

低気圧が発達するということは「気圧が低くなる」ということです。

では、何故「爆弾低気圧」のような急激な発達を遂げた低気圧が発生するのでしょうか?

その理由には、「春」という季節が関わっていました。

春は昼と夜の寒暖差が激しい季節であり、

暖かい空気と冷たい空気がぶつかる季節です。

暖かい空気と冷たい空気がぶつかると大きく気圧が下がり、低気圧となります。

この寒暖差が激しいほど強い低気圧へと発達します。

「爆弾低気圧」によって生まれた風や天気の変化は

急激で、「この天気なら雨も降らなそうだな」と思っていたら、

数時間後には暴風雨に襲われたりします。

春の低気圧の発達への注意点

春は低気圧が急激に発達する季節です。

特に「爆弾低気圧」から発生した雨などは威力が強く、暴風雨に発達します。

「ただ単に強い雨でしょ?」と油断していると痛い目に遭います…。

1つ目は、風が非常に強いため、陸・海・空の交通機関が麻痺する可能性が高いことです。

2つ目は、短時間に強い雨が降るため、落雷や突風が発生し、

ひどいときは竜巻が発生することもあります。

3つ目は、雨が降るまでは気温が高いため、雨とともに気温が一気に下がります。

雪が降る可能性もあるため防寒を意識する必要がある。

紹介したものはどれも最悪のケースですが、用心はした方が良いでしょう。

自分の身を守れるのは自分だけですから。

まとめ

如何だったでしょうか?

この記事を書いている時は外が強風になっていて、

書いている途中で怖くなってきました(笑)

外に外出するときは防寒するか外出することを諦めることにします…。