春に変な人が増える理由をご存知でしょうか?

春は日差しが暖かくも眩しい季節です。

何故そんな平和な季節に変な人や変質者、クレーマーが増えるのでしょうか?

当記事では春に変な人が増える理由を紹介していきます!

春に変な人が増える理由。なぜなのか。

春には変な人が増えると言われています。

なぜでしょうか。

その理由は生物学的な観点が関係していました。

晩春から初夏にかけて、病気が多い時期と言われています。

動物も植物も冬の間は静止状態であり、

春にかけて活発的な時期に移行する時期です。

気象も激しく変わりやすい時期でもあります。

春は動物たちが発情期に入り、性ホルモンが他の時期よりも多く分泌されます。

これは人間も同様です。

心がウキウキしたり、なんかイライラしたり、精神的に不安定になりやすいのです。

性ホルモンの活発的な分泌によって心のウキウキ、

イライラや精神不安定な人が統計的に増えていく季節なので、

春は変な人や不審者、変質者、クレーマーが増えるというわけですね。

まとめ

如何だったでしょうか?

なんだか春は大声だしていたり、変質者系のニュースが増える理由が

春の動物の発情期が関係あるなんて…。

驚きを隠せません(*_*;