春に風が強い理由をご存知でしょうか?

風が強いとセットした髪型が台無しでイライラ…。

強風になれば体が冷えて風邪を引くかも…。

これだけ聞くとストレスしかありませんが、

春は「ひな祭り」や「お花見」と暖かくほのぼのした

イメージのイベントが盛りだくさんです。

しかし、逆のイメージである風の強さと春がどう関係しているのでしょうか?

当記事では、春に風が強い理由を紹介しています!

春に風が強い理由とは?

春に風が強い理由とは何でしょうか?

統計データで見てみると単純に春は強風が吹きやすい季節だと言えます。

強風が最も多く吹くのが4月で次に3月。

どちらの月も春ですね。

1年で風速10メートル以上の強風の日が多いのが春ということなんです。

肝心の理由ですが、一体どうしてでしょう?

その理由は、「南北の気温差が大きいから」なんです!

どういうことかと言いますと、

春が訪れて間もない頃、北方面では寒気が残っています。

逆に南方面では暖気が北上を始めます。

そのため、日本では寒気と暖気がぶつかり激しい気温差を生み出します。

北の寒気と南の暖気がぶつかると低気圧が発達しやすくなります。

低気圧が発生すると周りには強風が発生するので、

春は風が強い…というのが理由だったんです!

ちなみに春になって寒気と暖気がぶつかり一番最初に発生した

低気圧から生まれた強風は「春一番」と呼ばれています。

逆に5月くらいの遅い時期に発生した低気圧から生まれた強風を

「メイストーム」と呼ばれています。

メイストーム…なんかかっこいいですね(笑)

まとめ

如何だったでしょうか?

春はのんびり過ごせる季節かと思いきや

意外にも破天荒な季節でしたね…。

余談ですが、台風が多い季節も春だそうです。

春のイメージが180度変わりそうですね(笑)