春に食欲旺盛になる理由をご存知でしょうか?

美味しい食べ物を食べると幸せ気分になりますよね。

しかも春はポカポカして快適な季節です。

そんな中、美味しい食べ物をたらふく食べられれば、

それはもう最高です。

しかし、春は食欲旺盛になる季節なのです!

当記事では、春に食欲旺盛になる理由とその対策について紹介していきます!

春に食欲旺盛になる理由とは? ストレス編

春に食欲旺盛になって困っている…。

という方は意外にも多いようです。

それもそのはずで春は食欲旺盛になる季節なのです。

分かりやすい原因が2つありまして

  • ストレス
  • 日照不足
  • この2つが春に起こりやすいのです。

    特にストレスは顕著に現れます。

    春は異動や昇進、引っ越しなどの生活の変化、

    クラス変えや進学によって大きなストレスがかかります。

    突然の生活の変化に心がついていけずにストレスに負けてしまうことがあります。

    特に学生は心がデリケートな時期でもありますので負担も大きいでしょう。

    大きな生活の変化によってストレスがたまると、

    胃の空腹感や満腹感をコントロールしている脳の働きが邪魔されてしまいます。

    この結果、食べたのに食べたりない…。

    食べても満足感が得られない…。

    という食欲旺盛な感覚になってしまうのです。

    それでいて胃の中は空なのに食欲が湧かない食欲不振状態になったりします。

    春に食欲旺盛になる理由とは? 日照不足編

    春に食欲旺盛になる理由としてストレスの他に日照不足もあります。

    気温は暖かくなるのに日照が十分に浴びられない状態が続くと

    精神状態が下向きになります。

    日照不足ということは紫外線によって生成されるはずの

    セロトニンというホルモンが不足するので精神状態が下向きになります。

    セロトニンは精神安定に必要不可欠なホルモンでこれが不足すると

    強い不安に苛まれたり、うつ病に発展・悪化に繋がります。

    オフィスワークによって日照を浴びれなかったり、

    日差しを恐れて、過剰にUVケアをしてしまうと日照が弾かれてしまい、

    心が安定を保てないのです…。

    精神不安定になると食欲不振や強い空腹感に襲われるケースがあり、

    日照不足が顕著に現れる春に食欲旺盛になったり、

    逆に食欲不振になるのです…。

    春に食欲旺盛になることへの対策

    春に食欲旺盛になる理由を紹介してきました。

    では、次は対策法を紹介していきましょう!

    対策はいたって簡単!

    炭酸水を飲むことです!

    「え、それだけ…?」

    という声が聞こえてきそうですが、そうなのです。

    炭酸水は飲むと胃の中を炭酸ガスが満たします。

    胃が刺激されて食べ物を食べていることと同じ状態になります。

    これによって脳を誤魔化すわけです。

    ですが、食欲を止めるために飲む量が増えるので

    ジュースは避けた方が良いです。

    炭酸飲料系ジュースは砂糖や甘味料などの添加物が大量に含まれています。

    糖尿病に繋がるので避けた方が良いです。

    食事の直前に飲むと効果的と言われています。

    次の対策法も単純です。

    「外に出る時間を増やす」です。

    これは語るまでもないと思いますが、

    セロトニンが不足しているのならば

    セロトニンを増やせばいいじゃない!という方法です。

    過剰なUVケアを避けて外に出る時間を増やせば、

    おのずと体が紫外線を浴びてセロトニンを生成します。

    セロトニンを増やすだけじゃなく、

    カルシウムの生成を促す効果もあり、骨粗鬆症予防になるオマケ付き。

    他には「ガムをよく噛んで食べる」、「食物繊維を多く摂取する」

    というものがあります。

    まとめ

    如何だったでしょうか?

    私も引っ越しなどの生活変化でストレスが溜まり、

    食欲旺盛になった気がします(笑)

    外出する時間増やさなきゃ!