春霞(はるがすみ)が発生する理由ついてご存知でしょうか?

春が近づきだんだんと暖かさに磨きがかかり、

過ごしやすい季節になってきました。

春の言葉として春霞という言葉があります。

春霞は「霞」という感じを使っていますが、

霞や靄とどう違うのか?

当記事では、春霞が発生する理由について紹介しています。

【春霞の理由】そもそも春霞って何?

春霞ってそもそも何なのさ?

と思っている方が多いかと思います。

言葉は知っていても意味を知らないという方が

いると思います。

意味は非常に単純で

春に霧や靄によって景色が

ぼやけている状態のことを春霞と言います。

霧や靄は視界が悪くなる言葉で

視界が1km未満であれば霧と呼ばれ、

視界がぼやけていて1km以上だと靄と定義されています。

しかし、春霞には学術的な定義はありません!

学術的な名称ではなく、

単に春の霞や靄だから「春霞」と呼ばれるようになったとか…。

春霞が発生する理由とは?

春霞が発生する理由について紹介していきます。

昼から夜というように気温の差が激しい時など、

植物から水蒸気の放出が激しくなります。

空気中の水分が多くなると

気温の低下で空気中の水分が大粒になり、

目に見えるまでになります。

これが普段我々が目にしている霧や靄という現象です。

つまり、昼と夜の気温差が激しい春が霧や靄が発生しやすいのです!

まとめ

如何だったでしょうか?

春の霧や靄だから春霞と呼ばれているということに

驚きました(笑)